福岡記念病院 > 福岡記念病院について > 院長あいさつ
院長あいさつ

まずは常日頃ご紹介、ご利用いただきまして心から厚くお礼申し上げます。 5月から病院長に就任しましたのでご挨拶申し上げ、ここに当院を紹介させて頂きます。

当院は救急病院として地域医療に貢献することを病院理念の一つにしております。結石破砕装置、高圧酸素装置など多くの救急医療機器をすでに装備しておりますが、今年はさらに重症患者様を受け入れるために最新の設備を整えた集中治療室(ICU)を設立しました。夜間、休日は救急外来2名、ICU1名の医師による当直体制を採っており、今後も救急医療の中核病院として役割を果たしていく所存です。

当院は先進医療も行っております。外科の内視鏡手術、循環器内科の狭心症、心筋梗塞の血管内治療、難治性心房細動に対する心アブレーション、整形外科の人工関節置換手術、脳外科の脳動脈瘤塞栓、内頚動脈狭窄の血管内治療、ガンマナイフによる転移性脳腫瘍、三叉神経痛の治療、耳鼻咽喉科の副鼻腔炎の内視鏡手術、さらにすぐ近くの福岡中央総合健診センターで不妊治療を行っております。癌治療も大学病院などから専門医を招いてあらゆる癌の手術や化学療法を行っております。また、特殊外来として神経内科で厚労省神経難病相談支援医によるパーキンソン病などの神経難病の説明や相談、耳鼻咽喉科で音声の専門医による発声障害の治療を行っております。

当院は経済ダイアモンド誌による「安全で安心できる病院」の格付けで福岡県で第6位の評価をいただきました。医療安全と医療サービスを向上させるために医療スタッフを大幅に増員し、研修会、講習会を定期的に開催しております。さらに院内感染の防止策として、感染症専門医による耐性菌の監視と抗菌薬使用の管理を行っております。これからも皆様から安全で安心できる病院と評価をいただけるよう努力して参ります。


病院長 黒田 康夫 

資格・役職等

■日本内科学会評議員・指導医
■日本神経学会評議員・指導医
■外国人医師臨床修練指導医
■佐賀大学名誉教授
■九州大学非常勤講師