福岡記念病院 > 福岡記念病院について > 沿革
沿革
1959(昭和34年) 大塚外科医院を開設
1964(昭和39年) 医療法人大成会を設立
1965(昭和40年) 福岡記念病院に名称を改め、病床数156床、外科および内科、胃腸科、小児科、整形外科、肛門科の医療業務 開始
1967(昭和42年) 救急告示病院 指定
1976(昭和51年) 第2期増築に着工
1977(昭和52年) 鉄筋コンクリート造地下1階地上5階、病床数220床、総延床面積6,734㎡の併科病院完成。脳神経外科、産科、婦人科 併科
1989(平成1年) 社団法人全日本病院協会 日帰り人間ドック実施病院 指定
1992(平成4年) 社団法人日本医療法人協会 健康審査機関 認定
1993(平成5年) 鉄筋コンクリート造7階建て、総延床面積6,454㎡の本館完成。南館改築。立体駐車場40台、総延床面積10,921㎡
1995(平成7年) 社団法人全日本病院協会 優良短期人間ドック施設 指定(指定第682号)
社団法人日本病院会 1泊2日人間ドック実施病院 指定
日本整形外科学会 認定医制度研修施設 認定(福岡県 第0115号)
1997(平成9年) 日本脳神経外科学会専門医認定制度 指定訓練場所(C項) 認定
日本外科学会認定医制度修練施設 認定
1998(平成10年) 財団法人日本医療機能評価機構の定める一般病院種別B 認定
日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練場所(A項) 認定
厚生省より脳死による臓器提供病院 認定
1999(平成11年) 総合リハビリテーション施設
レクセルガンマナイフ設置
2000(平成12年) 循環器科開設
2001(平成13年) 日本循環器学会認定循環器専門医研修関連施設 指定 第0940号
2002(平成14年) 眼科、形成外科、美容外科 開設
日本外科学会外科専門医制度修練施設 指定 第400027号
2003(平成15年) 精神科、耳鼻咽喉科 開設
2003(平成15年) 日本眼科学会専門医研修施設 認定 第3726号
三学会構成心臓血管外科専門医認定関連施設
2004(平成16年) 臨床研修病院指定 第030792号
2005(平成17年) 電子カルテ導入
福岡県、福岡市、北九州市不妊治療費助成事業実施指定医療機関。
2006(平成18年) DPC対象病院 認定
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本感染症学会認定研修施設
2007(平成19年) 福岡中央総合健診センター開設。PET-CT設置
政府管掌健康保険 生活習慣病予防健診 指定
言語聴覚療法室 設置
救急救命士による気管挿管実習病院
日本内科学会認定医制度教育関連施設
2008(平成20年) 8階建の管理棟(延床面積2,693㎡)を増築
社会医療法人に認定
病院機能評価Ver.5認定
2009(平成21年) 厚生労働大臣指定「臨床修練指定病院」
インドネシア人看護師候補者受入病院
ICU・CCU開設
「日本形成外科学会教育関連施設」認定
「化学療法室」設置
島津製作所製 床置式血管撮影装置「BRANSIST Safire」導入
感染症内科、糖尿病・内分泌内科、救急科 開設
フィリピン人看護師候補者受入病院
助産師外来、院内助産所、レディースフロア15床 開設
百道寮(看護師寮 24室)完成
2010(平成22年) 救急車待機場所 施工
2011(平成23年) 日本救急医学会「救急科専門医指定施設」 認定
「福岡県災害拠点病院」 指定
臨床検査科、病理診断科 開設 全30科目
病理検査室、細菌検査室 開設
栄養サポート室 開設
非常用発電機 増設
「 南館耐震補強工事」 完了
2012(平成24年) 心臓血管外科 呼吸器内科 開設 全32科目
「日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設」 認定
指定自立支援医療機関指定「心臓脈管外科に関する医療」
タイ「バンコク病院」と提携契約
血管外科 開設 全33科目
2013(平成25年) 救急外来 改修
血管造影装置 増設
病院機能評価 訪問審査「一般病院2 Ver1.0」認定
病院機能評価 付加機能「救急医療機能 Ver2.0」認定
社会医療法人「災害医療」「へき地医療」業務追加
「日本糖尿病学会 認定教育施設」認定
2014(平成26年) 病床数239床
地域医療支援病院 認定
福岡県DMAT指定医療機関
2015(平成27年) リニアック棟増築 リニアック機器設置
「福岡県肝疾患専門医療機関」指定
通所リハビリテーションを開設
一般財団法人日本医療教育財団 「外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)」認証
HCU(高度治療室:High Care Unit)(12床・6床)を開設
手術室4を増設