福岡記念病院 > 患者様向け > 診療科目のご案内 > リハビリテーション科
 
リハビリテーションの内容
脳血管リハビリテーション
 主に、脳血管疾患、神経難病(パーキンソン病、脊椎小脳変性症など)の方に対して発症直後や手術直後の早期からベッドサイドにてリハビリテーションを開始し、廃用症候群予防と運動学習によるセルフケアを最大目標としています。医師、看護師、ソーシャルワーカーなども交えた合同カンファレンスで、患者さんの病態や治療状態など情報を共有します。また、急性期の患者さんは様々な合併症を引き起こしやすい状態にあるため十分なリスク管理と医師の指示の下で、患者さんの病棟生活や退院後の生活に即した訓練を行います。

 

運動器リハビリテーション
 主に、外傷性骨折、変形性股関節症に対するリハビリテーションを中心に行っています。変形性股関節症は、佐賀大学医学部整形外科より馬渡正明教授にお越しいただき、人工股関節全置換術(THA)、寛骨臼移動術(TAO)を数多く行っています。手術後は、理学療法士が中心となり手術直後から関節可動域訓練や筋力増強訓練、歩行訓練を実施して(下図、人工股関節リハビリテーションスケジュール参考)、日常生活の拡大、安定した歩行の獲得などを目指し積極的な早期リハビリテーションを行っています。

 

呼吸器リハビリテーション
 人工呼吸器下にある患者さんや慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、血気胸や胸水を有する方を対象に、ポジショニング、呼吸介助、呼吸訓練、早期離床などの呼吸リハビリを行っています。また、作業療法では臥位傾向の患者さんに対し、呼吸機能改善はもちろん、ベッドサイドでのADL訓練、脳の廃用予防も行っています。急性期の呼吸リハビリテーションでは多職種での連携が最も重要となるため、「チームアプローチ」を念頭に自宅生活へ向けた動作方法の指導を行っています。

 

心臓(循環器)リハビリテーション
 対象疾患は心不全が多いですが、狭心症や心筋梗塞も対象疾患となります。心疾患以外では下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)等の末梢動脈閉塞なども対象としています。各疾患とも入院翌日より、ベッドサイドでのリハビリテーションを開始し、その後は、理学療法士や看護師のもと早期離床、再発防止、病状改善、社会復帰に向けて集団リハビリテーションを行っていきます。循環器内科医師、理学療法士、作業療法士、看護師。薬剤師、管理栄養士など多くのスタッフが関わり、平均3週間(心筋梗塞は1~3週間)での退院を目指しています。

 

通所リハビリテーション 【 事業者番号 4011119247 】
 病気やけがで入院生活を送った後、自宅に戻ってみるとこれまでは出来ていた事が、難しくなっていたということは珍しくありません。通所リハビリテーションでは、患者さんが可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅から通所リハビリテーションの施設に日帰りで通い、身体機能の回復や閉じこもりの防止を図るものです。介護保険の給付対象となるサービスですので、利用するには要介護認定を受けていることが必要です。
 
■ 詳しくはコチラ → 通所リハビリテーション