福岡記念病院 > 部門と特徴 > 地域医療連携室
地域医療連携室

福岡記念病院は地域急性期医療を担う地域医療支援病院です地域医療連携室は地域での看護・介護力強化のための看護研修会も行っています
福岡記念病院の地域医療連携室では、患者さんの症状に応じて地域の医療機関や保健福祉施設および行政機関との連携を密に行い、それぞれの機能や特色を生かし患者さんにより良い医療を目指し活動しています。
また、当院は急性期病院でもありますので、急性期の治療を脱した患者さんに対してお近くの医療機関を紹介する「地域完結型医療」を目的とした医療連携の推進にも積極的に取り組んでいます。

 
主な業務・スタッフ紹介
主な業務

地域医療連携室では、地域の医療機関との協力体制の充実、連携の強化、また、退院や転院、治療継続のために患者さんやご家族が抱える問題に対する相談・支援の充実を目的に主に以下の業務を行っています。

 前方支援 外来受診、入院の受入調整
 後方支援 転院、施設入所、在宅療養などの調整(退院支援)
 事務業務 検査(CT/MRI等)予約受付、紹介状および返書の管理
 広報活動 講演会・セミナーの案内、診療科や医師、導入機器のPR、「医療連携のつどい」開催
公民館等での講演活動、各要望への対応・改善など
スタッフ紹介
 部長 城戸 英希
 室長 大坪 広憲
 副室長 福嶋 賢司  加藤 綾  松尾 直樹
 看護師 1名
 医療ソーシャルワーカー(MSW) 5名
 事務職 2名
 
地域のみなさまへ
受診を希望される方へ
地域医療連携室では、当院医師と「かかりつけ医」との連携により、皆さんにとって最も良い医療が提供できるようお手伝いさせていただいております。「かかりつけ医」より専門的な検査や入院が必要と判断された場合には、地域医療連携室へ紹介状をご持参の上ご相談・お問合せください。
 
受診前には、ご予約をお忘れなく
当院の外来受診は予約制です。予約をされずに来院された場合は、診察までお時間をいただくことがございます。受診前には必ずご予約をお願いします。なお、当院は地域医療支援病院として承認されております。紹介状をお持ちでない場合には、初診時選定療養費として3,240円をいただきます。
 
地域医療支援病院とは
福岡記念病院は地域完結型医療の中核を担う「地域医療支援病院」として承認されました。
よりよい医療とは、患者さんが暮らしなれた地域で、それぞれの医療機関が役割分担を行い連携することによって地域完結型の医療提供を行うことが望ましいとされています。この観点から「かかりつけ医」を風邪や軽いケガなどの日常診療の第一線の医療機関と位置づけ、その「かかりつけ医」を支援して、専門外来や高度な検査、入院治療、救急医療などを行い、地域医療の充実を図る中核病院が「地域医療支援病院」です。

身体に不調がある場合は、まず「かかりつけ医」に相談しましょう。「かかりつけ医」が専門的な検査・治療が必要と判断した場合には、紹介状をお持ちになり当院へご来院ください。尚、当院の外来診察は原則として予約制となっていますので、事前の診察予約をお勧めしています。また、当院での治療が進み、状態が安定している患者さんへは、「かかりつけ医」または治療に対応可能な地域の病院・クリニックをご紹介させていただきます。

とびうめネットに参加しています
当院は、緊急時紹介先医療機関として「とびうめネット」に参加しています。「とびうめネット」は、かかりつけ医を通じて、医療情報(症状、検査結果、病歴服用しているお薬、アレルギー)を事前に登録しておくことで、体調を崩すなどの緊急時にかかりつけ医・病院、消防・救急隊が連携して、迅速で適正な医療を行い、患者さんの健康を見守るための情報ネットワークです。安心・安全な毎日を過ごすために、かかりつけ医を通じて、「とびうめネット」を利用しましょう。
詳しくは、福岡県医師会診療情報ネットワーク とびうめネットホームページをご参照ください。
 
医療相談室
医療相談室とは、患者さんやそのご家族の方々からの医療・福祉・介護に関する相談をお受けする相談窓口です。病気やケガの療養に伴う社会的・経済的・心理的問題について、担当の医療ソーシャルワーカー、看護師が相談に応じます。また、必要に応じて医師、看護師などのスタッフと協力しながら支援します。ご希望される方は医療相談室へご連絡いただくか、担当医師もしくは看護師へお声かけください。
 
 医療費に関する相談 高額医療費、難病医療費など
 生活費に関する相談 生活保護の申請など
 介護保険に関する相談 介護保険の申請や利用方法など
 福祉に関する相談 身体障害者手帳の申請、成年後見人制度のことなど
 
医療機関の方々へ
患者さんをご紹介いただく場合は、地域医療連携室までご連絡ください。
受診を希望される診療科や申込内容について、ご確認させていただいた上で、ご案内いたします。
地域医療連携室(TEL:092-821-7446(直通)/受付時間 8:30~17:00)
 
ご紹介の流れ
1
2
3
4
患者さんの
ご紹介
受診・入院の手配 カルテの作成 患者さん受診
FAXまたはお電話で患者さんをご紹介ください。その際に紹介目的やADLをお伝えください。
(診療情報提供書の送付をお願いします)
受診・入院の手配をいたします。 できるだけ速やかな受診をお勧めください。 受診当日は1F受付へお越しください。
当院の外来診察は予約制です
当院へご紹介いただきました患者さんで、事前に予約をされずに来院される場合がございます。その場合は紹介状をお持ちであっても、予約をいただいている患者さんが優先となり、診察までお時間をいただくことがございます。恐れ入りますが、診察希望日前に診察予約を取られますよう患者さんにお伝えください。
 
各種様式ダウンロード
必要な書類を事前にダウンロードいただけます。
※ 当日の診察や検査をご希望される場合は、地域医療連携室まで直接ご連絡ください。
 ■ 診療情報提供書 [PDF]  [WORD形式]
 ■ CT・MRI検査依頼書 [PDF]  [WORD形式]

 

CT・MRI検査でご来院いただく患者さんには、検査開始予定(予約時間)の30分前に1階総合受付までご来院いただくようご案内をお願いします。また、腹部CT検査を受けられる方は、検査当日朝の絶食。腹部MRI検査の方は、検査6時間前からの絶食(肝胆膵及びMRCPなどの造影検査の方は、絶飲食)が必要です。
ご不明な点などについては、地域医療連携室までお問合せください。
地域医療連携室(TEL:092-821-7446(直通)/受付時間 8:30~17:00)
 
検査機器・治療機器のご紹介
福岡記念病院では、以下のような検査機器および治療機器を完備しています。
【 検査機器 】
1.5T MR 装置 X線を使用せず脳・脊髄・関節を鮮明に撮影します
64列マルチディテクターCT 装置 全身のあらゆる部位の緻密な断層画像を短時間撮影
RI 検査装置 臓器の機能と形態を同時に判断します
マンモ撮影装置 乳がん等の所見を確認します
DSA 装置 全身の血管を鮮明に撮影します
BMA (骨塩量測定装置) 骨の密度(強さ)が解ります
カラードプラーエコー装置 内臓・心臓の細かな情報や血流が解ります
ホルター心電図装置 日常の細かな心臓の状態を観察します
負荷心電図装置 心臓の機能が解ります
サーモグラフィー装置 体表面温度の測定で血行状態が解ります
電子内視鏡装置 胃・十二指腸・大腸の病変鮮明に描出します
超広角走査レーザー検眼鏡(Optos200Tx) 眼底80%以上の領域の高解像度画像を無散瞳、非接触で撮影可能です
【 治療機器 】
リニアック装置 乳がん、前立腺がん、肺がんなどのがん治療や骨転移による疼痛、脳転移による諸症状の緩和などに用います
ガンマナイフ 脳内の腫瘍・血管性病変・機能的疾患の治療に用います
DSA装置 PCI、PICAなどのインターベンション治療、脳血管内手術などに用います
高気圧酸素装置 血管障害、ガス中毒、神経障害、骨髄炎、腸閉塞、嫌気感染症などの治療に用います
体外衝撃波破砕装置 尿管結石・腎結石等の結石治療に用います
電子内視鏡治療(DR装置の併用) 胃・大腸ポリープ切除・早期ガンの切除や消化管出血・総胆管結石の治療に用います
 
開放型病院について
当院は、地域の医療機関と情報交換を含めた組織的な連携を結び、患者さんにとってより良い医療提供を行うことを目的とし、開放型病院として承認を受けています。
かかりつけ医(登録医)から紹介された患者さんが福岡記念病院に入院される場合、当院医師が主治医、かかりつけ医(登録医)が副主治医となり、共同して患者さんの診察にあたるものです。開放型病床は、入院の経過も良くわかり退院後も充分な看視ができることから、患者さんだけでなく診療に携わる医師にとっても望ましい制度です。
 
ご利用について
福岡記念病院での開放型病院を利用するには、登録医の申請が必要です。
まずは地域医療連携室(TEL:092-821-7446/受付時間 8:30~17:00)へご連絡ください。
 
登録施設一覧
登録施設一覧はこちらからご覧ください
■ 登録施設一覧(平成28年3月更新) 
 
図書室の利用について

開放型登録病院の方々に、図書室を開放しています。図書室を利用を希望される場合は、ご来訪いただく前にご連絡をお願いいたします。また、文献複写サービスも行っております。詳しくは、図書室ページをご覧ください

 
 
講演会・研修会等のご案内
福岡記念病院では、地域の先生方や当院をご利用される方を対象に定期的にセミナーや講演会を開催しています。救急医療の充実、医療連携の推進、地域の皆様の健康づくりを目的にできるだけ多くのみなさまにご参加いただきたいと考えています。どうぞお気軽にご参加ください。
なお、事前に予約が必要なセミナーもございますので、電話またはメールでお問い合わせください
 
地域連携のつどい
地域における医療・福祉サービスのネットワーク化による地域完結型の医療を実現するため、近隣の医療機関をお招きし、症例検討会や当院で導入した医療機器の紹介、治療実績報告などの情報提供や研修会及び意見交換会を行っています。
 
■ 開催分の実施内容報告はコチラ→ 地域連携のつどい 

 

 

■ 平成27年実施内容
開催日
開催内容
講師
1月20日
【新春のつどい】
循環器疾患における医療連携
循環器内科部長
心臓血管外科
舛元 章浩
細川 幸夫
2月12日
【CPC検討会】
頭部壊死性筋膜炎から敗血症になり死亡に至った一例
九州大学大学院医学研究院 形態機能病理学
内科
半田 瑞樹
黒田 亮太
3月12日
消化器外科領域における栄養管理 ―重症病態における投与経路の工夫― 九肝臓内科・肝臓外科部長 真田 雄市
3月19日
【福岡西部地区医療連携講演会】
酸分泌抑制薬の課題と今後の展望
福岡市医師会成人病センター 院長 壁村 哲平
4月23日
【福岡西部地区医療連携講演会】
貼付薬ってどんな薬?副作用とその対策 ~湿布からパーキンソン病治療薬まで~
パーキンソン病の見かた・診かた・考え方==治療と日常生活における注意点=
薬剤部 主任
国立病院機構長崎川棚医療センター 臨床検査部 部長
坂本 美由紀
中根 俊成
5月14日
嚥下障害の評価・訓練 ~職種間連携を考える~ リハビリテーション科 言語聴覚士 松岡 聖枝
6月11日
【リニアック棟内覧会】
未来志向の放射線治療
放射線科 木村 正彦
7月9日
【福岡西部地区医療連携講演会】
前立腺ガンよもやま話
泌尿器科 有吉 朝美
8月19日
【暑気払い】
循環器・救急領域における機械的補助循環の役割
循環器内科 部長
臨床工学技師 主任
ICU病棟 看護部主任
舛元 章浩
畠 久美子
園田 裕也
9月10日
【CPC検討会】
右大腿骨頚部骨折術後からの発熱の診断に難渋しARDSにて死亡に至った一例
九州大学大学院医学研究院形態機能病理学
救急科 部長
立石 悠基
山口 哲
10月15日
【西部地区糖尿病フォーラム】
メタボ・糖尿病に関する幾つかの話題:食事療法・癌
福岡大学病院 内分泌・糖尿病内科 教授 柳瀬 敏彦
11月19日
疫学の父ジョン・スノーの話 感染制御部 部長 向野 賢治
12月10日
【第一回福岡市西南部 大腿骨近位部骨折を考える会】
大腿骨近位部骨折の治療について~手術と薬物療法を中心に~
整形外科 部長 本家 秀文
 
 
ICT研修会・相談会

院内感染防止対策の基本的な考え方・具体的な方策・最新知識について周知・徹底を図るために、病院全職員を対象に研修会を開催しています。また感染防止対策加算算定施設として、地域医療施設と感染に関する合同カンファレンスを開催しています。

 
■ 開催スケジュール
研修対象者 : 福岡記念病院にて勤務する職員全て(外部委託企業職員も含む)
開催日
演題
講師
6月7日
標準予防対策(部署別予防策) ICT委員
10月4日
感染経路別予防策 医師
薬剤師
細菌検査技師
2017年3月7日
術後創感染予防 医師
看護師
 
看護研修会

円滑な継続看護を目的とした看護研修会を行っています。対象は、地域医療施設と在宅介護施設で勤務する職員です。「顔の見える連携~Face to Face~」を通して、地域医療の活性化と看護の質の向上に寄与しています。

 
■ 開催スケジュール
開催日
研修項目
内容
講師
7月20日
(水)
がん看護の実際 当院における がん化学療法と緩和ケアの実際 がん化学療法看護認定看護師

緩和ケア認定看護師
9月28日
(水)
救命救急時のポイント 当院認定看護師による一時救命処置、心肺蘇生の基礎講習と演習 救急看護認定看護師
11月16日
(水)
褥瘡の治療 最近の褥瘡のケア・薬剤の使い方について 皮膚・排泄ケア認定看護師
2017年2月15日
(水)
呼吸療法の実際 気管吸引の基本操作と手順・呼吸器ケアの実際 3学会合同呼吸療法認定看護師
3学会合同呼吸療法認定理学療法士
 
糖尿病教室・公民会等での健康教室
当院の医師や医療スタッフが、身近な病気とその予防方法、持病との付き合い方などについて、わかりやすくお話させていただきます。参加は無料ですので、どうぞ健康づくりにお役立てください。講演開催や講師派遣などのご相談・ご依頼については、お気軽に地域医療連携室(TEL:092-821-7446(直通)/受付時間 8:30~17:00)までお問い合わせください。

 

 
 
■ 糖尿病教室スケジュール
開催場所 : 福岡記念病院 本館7階 「患者食堂」
開催日
演題
講師
8月12日
(金)
眼は大切!しっかり守らないと!
外食や惣菜って食べても大丈夫かなぁ?
眼科 武末佳子医師
管理栄養士
9月9日
(金)
インスリン注射ってなんですか?
この症状!…もしかして低血糖!?大変‼異変は足先からやって来る
食べたい!飲みたい!嗜好品‼
薬剤師
看護師
管理栄養士
10月14日
(金)
秋!戸外で身体を動かしませんか?
気を付けよう!こんなところに落とし穴 これで安心!旅行中だって病気の日だって
めざせ‼健康食の達人!
理学療法士
看護師
管理栄養士
11月11日
(金)
糖尿病ってどんな病気なの?
気を付けよう!こんなところに落とし穴 これで安心!旅行中だって病気の日だって
めざせ‼健康食の達人!
糖尿病内科 辛嶋 健医師
管理栄養士
12月9日
(金)
はは歯のはなし、あなたのお口は大丈夫?
知りた~い!糖尿病の飲み薬のコト
食品にはそれぞれ仲間があるんです!
歯科・歯科口腔外科 大塚秀一医師
薬剤師
管理栄養士
2017年1月13日
(金)
これでバッチリ!血糖コントロール 怖~いこわい合併症!
バランス献立でおいしく健康!
糖尿病内科 辛嶋 健医師
管理栄養士
 
お問合せ先
ご不明な点、ご相談などがございましたら、福岡記念病院 地域医療連携室までご連絡ください。
場所:1階 正面玄関入口横 地域医療連携室
受付時間 : 月~金曜日/8:30~17:00  土曜日/8:30~12:00
お問合せ : TEL:092-821-7446(直通) FAX:092-821-4773(直通)