福岡記念病院 > 部門と特徴 > 診断 > CR
CR Computed Radiography

X線診断では、1枚のX線フィルムから軟部組織と骨部組織を同時に観察できることが理想とされてきました。当院では、X線によって得られた軟部から骨部までの画像にコンピューター処理を行い、より鮮明で豊富な情報量をもった患部の写真データを得る事が出来るようになりました。

 

PACS / 画像ネットワーク
院内の画像ネットワークの準備を進めており、一部連携施設への画像配信を行っております。