福岡記念病院 > 部門と特徴 > 診断 > MRI
MRI Magnetic Resonance Imaging

人体の水素原子に着目し磁気と電波を使用して、全身のあらゆる方向より診断に必要な断面を写しだす事ができます。この装置は、X線を使用しない為、被爆の心配がなく、身体に優しい検査と言われています。また、MR血管撮影(MRA)では、薬剤(造影剤)を使用することなく、身体の血管を描写する事ができ、脳動脈瘤等の初期診断において入院の必要がありません。当院は、磁場強度1.5T(テスラ)の装置を使用しており、短時間で鮮明な画像を提供する事ができます。

(1)MRA 脳血管画像 動脈瘤症例 (2)頸部MRI 腫瘤症例 (3)腰部MRI 椎間板ヘルニア症例

 

適応疾患及び検査部位
脳神経外科領域 脳腫瘍・脳動脈瘤・脳出血・脳梗塞・脳血管奇形など
脊椎領域 椎間板ヘルニア、脊椎部腫瘍など
骨、関節軟部領域 骨折その他外傷、腫瘍など
体幹部 肝臓から婦人科系臓器