福岡記念病院 > 部門と特徴 > 薬局 >チーム医療における薬剤師の役割
チーム医療における薬剤師の役割
チーム医療

チーム医療とは、一人の患者さまに対して、医師・看護師をはじめ、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、検査技師などの複数のメディカルスタッフが、互いの専門性を尊重し、ひとつのチームを結成して治療にあたることで、最大限の能力を引き出し、患者さまをサポートしていく医療現場の取り組みのことです。
当院でも様々なチーム医療を立ち上げ、薬剤師もチームの中心となって患者さまのサポートを行っています。

 

がん化学療法チーム

がん患者は年々増加を続け、抗がん剤治療を受ける患者数も増加しています。近年がん細胞のみに特異的に作用し副作用が比較的少ないと言われている分子標的治療薬が次々と登場しがん治療は大きく変わってきています。以前に比べれば、治療を受ける患者さまの身体的な負担は減ってきてはいますが、一方で個々の患者さんの治療内容に応じて、適切な薬剤選択や副作用予防・対策を行うことがより重要となってきています。
当院では認定資格(がん薬物療法認定薬剤師・外来がん治療認定薬剤師)を取得した薬剤師が中心となって、抗がん剤の投与量や治療スケジュールのチェック、抗がん剤のミキシング、治療継続・副作用回避のための医師への処方提案、患者さんへの治療内容の説明などを行っています。がん治療も多職種との連携が不可欠であり医師・薬剤師・看護師により、化学療法を安全・安心におこなうことができるようサポートしています。

 

感染対策チーム(ICT)

抗菌薬の適正使用を推進するために週に一度、抗菌薬ラウンドを行っています。医師とともに患者様の病態や抗菌薬の使用状況を把握・検証し、必要時は直接病室を訪問し、診察も行います。また、抗菌薬ラウンドとは別に病院の環境面を把握し、改善していくための環境ラウンドも週に一度行っています。環境ラウンドでは感染の拡散を防ぐために、医師、薬剤師、検査技師、看護師で病院内のあらゆる場所をラウンドし、それぞれの専門的な立場から意見を出し合い、よりよい病院にしていくための環境整備を行っています。その他、年数回の院内ICT勉強会の実施や、アウトブレイク時の対策、ワクチン接種の啓発などの職員の安全管理、院内感染発生動向の監視などの活動を行っています。

ICTにおける薬剤師の役割

薬剤師は主に抗MRSA薬のTDM実施による適切な投与設計と適正使用の監視、抗菌薬の使用量調査、カルバペネム系抗菌薬や当院で許可制となっている抗菌薬の適正使用の監視を行い、抗菌薬適正使用を推進しています。

 

糖尿病ケアチーム

毎月、糖尿病の患者さんやその家族を対象に、医師や薬剤師、看護師、管理栄養士などが教室を開いています。糖尿病は自覚症状に乏しい疾患なので、教室を開くことで病気について知っていただく機会を設けています。薬剤師はインスリンをはじめとした薬物療法を主なテーマとし、低血糖症状やその対処法などについてもお話しています。

 

 

褥瘡対策チーム

褥瘡とは、寝たきりなどにより体重で圧迫されている場所の血流が悪くなることで生じる皮膚損傷のことで、一般的には「とこずれ」とも言われています。皮膚科医師や看護師、管理栄養士などと共にチームを組み、月2回、褥瘡患者さんの診察・処置を行っています。月1回の委員会では、褥瘡の経過・対策などについて検討を行い、悪化防止・治癒促進を図っています。

 

栄養サポートチーム(NST)

NSTとは栄養サポートチーム(Nutrition Support Team)の略称であり、栄養管理が必要な患者さんを対象とした回診を週に1回行っています。回診は、医師・管理栄養士・薬剤師・看護師・リハビリスタッフなどが参加し、それぞれの職能を活かして栄養状態の改善を目指しています。その中で薬剤師は、病態に合った最適な輸液の提案、電解質異常を伴う薬剤の中止・変更の提案など薬物療法の観点から活動を行っています。また最近、ポリファーマシー(多剤処方)が問題となっています。不必要な薬の服用による食欲低下が疑われた場合には、リスクとベネフィットを考慮し中止・減量を 提案しています。

 

腎と薬剤対策チーム

腎機能が低下した患者さんへ非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に代表される腎排泄型薬剤を漫然と投与することによる有害事象は、数多く報告されています。そこで当院では、薬剤師が中心となって腎機能に従い減量が必要となる院内採用薬を抽出し、腎機能別の用法用量を他職種も閲覧できるようにまとめています。また電子カルテの採血結果から腎機能を即座に判断することができ、患者さんの個々に合った適切な薬物投与設計を提案しています。