福岡記念病院 > 採用情報 > 後期臨床研修医募集 > 循環器科臨床研修プログラム
循環器内科臨床研修プログラム
 
研修目標

当循環器内科では、活力ある若い先生方に循環器疾患全般にわたる知識・技術獲得と経験の場を提供し、循環器専門医、救急医療専門医あるいは循環器系疾患に対応できる内科医の育成を目指しています。当科における2年間の研修プログラム期間中は、基本的に指導医とともに入院患者の下に診療を行います。また、指導医とともに当直または宅直制に入り、循環器救急患者の初期診療の中で、急性心筋梗塞、心原性ショック、致死的不整脈等に対する基本的な診断・治療技術を獲得します。

到達目標 1年次
  • 問診、身体所見から速やかに鑑別診断をあげ、疾患の重症度、緊急度を推定できる。
  • 心電図・ホルター心電図を判読できる。
  • 循環器疾患用薬に対する知識・洞察を深め、指導医の下で使用できる。
  • 運動負荷心電図を実施し、診断あるいは治療に応用できる。
  • 負荷心筋シンチを実施し、解析画像を評価できる。
  • 心エコーを実施し、器質的心疾患の診断と心機能の評価ができる。
  • 右心カテーテル検査を実施し、血行動態を評価できる。
  • 冠動脈造影を遂行し、冠動脈の器質的狭窄病変を評価、PCI/CABGの適応を決定できる。冠動脈の機能的異常(冠攣縮)を診断できる。
  • 心臓電気生理学的検査を遂行し、電気生理機能を評価できる。
  • 体外式ペースメーカーを挿入し、管理することができる。
2年次

1年次の知識・技術を体系化させ、精度を高めるとともに、さらに高度な医療技術の獲得を目指す。

  • 経食道心エコーを実施し、先天性心疾患・心臓弁膜症等の構造異常や血栓の有無を診断することができる。
  • 負荷心エコーを実施し、生存心筋、虚血心筋の評価ができる。
  • PCIの介助/助手ができる。一定の条件下で単純病変に対するPCIを指導医とともに遂行できる。
  • IABPを挿入し、管理することができる。
  • 心嚢穿刺ができる。
協力医療機関

九州大学病院
独立行政法人国立病院機構九州医療センター