福岡記念病院 > 患者様向け > 診療科目のご案内 > 耳鼻咽喉科
耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科では、耳・鼻・喉(のど)・顔面・頸部(首)の疾患を対象として診断・治療を行います。その他、めまい、顔面神経麻痺、いびきなども耳鼻咽喉科で治療する事の多い疾患です。

診療内容

当院では、通常の聴力検査、平衡機能検査、および咽喉頭内視鏡(ファイバー)検査に加え、および鼻腔通気度(鼻の通りやすさ)検査など耳鼻咽喉科領域の機能や病気の評価を幅広く行っています。最新の機器を取り揃え、患者様の状態に応じた適切な診断と治療を実践しています。

アレルギー・副鼻腔炎

黄色い鼻汁がたくさんでる慢性副鼻腔炎は最近では減ってきましたが、アレルギー性鼻炎・花粉症は現代の国民病と呼ばれるほど増加しています。 鼻の病気は鼻閉、鼻汁、嗅覚障害、風味障害などを引き起こします。 当科ではアレルギー性鼻炎に対して外来にて炭酸ガスレーザー、高周波発生装置(ソムノプラスティ)を用いてアレルギー治療をおこない、鼻閉の改善・内服薬の減量を図っています。
スギ花粉症に対しては2014年10月より舌下免疫療法を行っております。

また副鼻腔炎手術を原則的に内視鏡下に(鼻の穴から)おこなっています。 この他、難治性副鼻腔炎(喘息・嗅覚障害をともなう副鼻腔炎、前頭洞炎)、副鼻腔炎術後再発(嚢胞など)、重度のアレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症、難治性鼻出血でも内視鏡下に体に負担の少ない手術をおこない良好な成績をあげています。 いつでもお気軽にご相談ください。

腫瘍 耳鼻咽喉科領域にも、口腔癌、鼻・副鼻腔癌、喉頭癌、咽頭癌、唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍などの腫瘍ができる事があります。これらの多くは、目で見たり、手で触ったりする事で診断する事ができます。気になる方は、是非一度検診をお勧めいたします。
補聴器・外来
火曜日・午後
(予約制)
補聴器外来を開いています。補聴器を購入したい、試してみたい、補聴器が合わなくなったなどの方は、ご相談ください。
音声 声帯にポリープや結節があるとき、また声帯の動きが悪いときに声が嗄れることがあります。嗄声の診断に内視鏡検査、喉頭ストロボスコピー検査をおこなっております。手術や音声治療で改善する嗄声もあります。ご相談ください。
対象疾患
  • 急性中耳炎、慢性中耳炎などの耳の病気
  • めまい、難聴などの耳の病気
  • 慢性副鼻腔炎、鼻アレルギーなどの鼻の病気
  • 急性扁桃腺炎、声帯ポリープなどの咽喉頭の病気
  • 耳、鼻腔、口腔、咽頭の良性、悪性腫瘍
  • 気管、頸部の病気および骨折、外傷
医師紹介
医師
新里 祐一
免許・資格等 ■ 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医
■ 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会認定 補聴器相談医専門医
■ 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会認定 騒音難聴担当医
■ 特定非営利活動法人気管食道科学会認定 気管食道科専門医
■ 身体障碍者福祉法第15条指定医師
略歴 昭和60年 九州大学医学部付属病院
昭和61年 福岡市立こども病院
平成3年 公立学校共済組合九州中央病院
平成3年 九州大学医学部付属病院
平成4年 新日鉄八幡製鉄所病院
平成7年 下関市立中央病院
平成11年 九州大学医学部付属病院
平成15年 福岡市民病院 耳鼻いんこう科 部長
平成21年 公立学校共済組合九州中央病院 耳鼻咽喉科 部長
平成23年 福岡医療団千鳥橋病院 耳鼻咽喉科 部長