特色

救急について

 当院は、昭和42年2月に救急告示病院として認可を受け、以来福岡市の救急医療の中心的存在として、地域住民の皆様がいつでも安心して診療が受けられる環境作りに取り組んで参りました。

 救急医療の原点でもある「重症、軽症を問わず、先ず診療を」を基本姿勢として、365日24時間体制で診療にあたっています。

地域医療連携について

 よりよい医療とは、患者さんが暮らしなれた地域で、それぞれの医療機関が役割分担を行い連携することによって地域完結型の医療提供を行うことが望ましいとされています。

 当院は地域完結型医療の中核を担う「地域医療支援病院」として承認されています。

グローバルな診療体制

 当院で受診を希望される方々には、外国の方も多くいらっしゃいます。県内で初めて「外国人患者受入れ医療機関」として認証されている当院では、通訳や院内掲示等、グローバルな視点で医療を支えております。

 異国に来られて医療面で感じる不安を出来るだけ最小限にとどめられるよう、病院一丸となって対応してまいります。