消化器内科

担当医師

松岡 浩(まつおか ひろし)

内科部長

所属診療科

資格・所属学会・専門分野等
  • 臨床研修指導医
  • 介護支援専門員
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 緩和ケア研修修了
出身大学・略歴

出身大学:久留米大学医学部

  • 福岡大学病院
  • 鹿児島県川内市上甑診療所
  • 松岡内科
患者様へ一言

内科全般の診療を行っています。患者様中心の医療を心がけています。常に患者様に寄り添った医療を続けてまいります。

保田 秀生(やすだ ひでき)

所属診療科

資格・所属学会・専門分野等
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
出身大学・略歴

出身大学:福岡大学

  • 福岡大学

外来診療日

診療内容

現在、日本人の3人に1人はがんで亡くなっています。

 胃がん、大腸がんは早期の場合、自覚症状がほとんどありません。しかし、早く見つかればそれだけ治癒の可能性も高まります。

 検査にかかる時間は胃カメラは約5〜6分、大腸カメラは約30分程度です。内視鏡はつらい、きついというイメージがあると思われますが、当院では患者様のご要望に合わせ鎮静剤を使って検査を行います。内視鏡に関しまして何か分からないことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

胃食道逆流症

 「のどがおかしい」という場合には、胃酸の逆流が関係していることがあります。特に、ふとりぎみの方、脂っぽいものをよく食べる方、腰の曲がった方、喫煙や飲酒の習慣がある方にしばしばみられます。

 胃酸の逆流によって現れる症状は胃・食道逆流症と呼ばれ、なかでも食道の粘膜に炎症があるものを逆流性食道炎といいます。この逆流がノドにまで及んだ場合にのどの異常を感じることがあります。

  • 「のどがイガイガする感じがする。」
  • 「のどのどこかに何かが張りついている感じがする。」
  • 「声がかすれる」
  • 「咳ばらいが出る」
  • 「食べ物がつかえたり、しみる感じがする」
  • 「口の中に酸味が上がってきたり、ゲップが出たりすることがある」
  • 「胸やけすることがある」
  • 「みぞおちのあたりがしみるように痛い」

 ひとつでも症状が出た場合は「胃食道逆流症」の疑いがあります。そのような症状が出た際は一度、診察を受けることをお勧めします。

逆流性食道炎

炎症がある(キズがある) 

非びらん性胃食道逆流症

炎症がない(傷がない)