消化器外科

 消化器外科では、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸、肛門、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、ヘルニアなど消化器疾患に対する外科治療と、一般外科疾患の幅広い領域の診療、治療を行っています。入院診療については手術治療が中心で患者さんへの体の負担が少ない腹腔鏡下手術を中心として低侵襲な治療を行っています。

特徴・特色

 当科では、腹腔鏡を用いた外科手術と炎症性腸疾患の外科治療を積極的に行っています。また、診断や治療のため他診療部門と垣根の低い診療連携を行っているのも特色です。

 たとえば、がん治療中の患者さんに肝臓周囲への転移や疾患を認めた場合には、その日の内に肝臓専門医に相談し治療計画を立てることをしています。

 また、地域における救急医療をになう急性期病院であることから、救急搬送された患者さんの治療にも迅速に対応できるよう診療体制を整えています。さらに、がん治療においても、化学療法治療や放射線治療などを組み合わせ、できるだけ臓器や機能の温存に努めております。

 高難度手術に関しても専門医が患者さんやご家族とコミュニケーションをしっかりとりながら、様々な部署や医療機関と連携し、できるだけ患者さんへの体の負担が少なく、病気の状態や体力に応じた最善の治療方法を選択し「安全で信頼される医療」の提供を行えるよう、日々研鑽しています。

対象とする疾患

  • 一般外科疾患(ヘルニアなど)
  • 消化器悪性腫瘍(胃がん、大腸がんなど)
  • 肝胆膵悪性腫瘍(胆管がん、肝臓がんなど)
  • 消化器良性疾患(炎症性腸疾患など)
  • 肝胆膵良性疾患(胆石など)

腹腔鏡下手術について

 多くの施設で広まっている鏡視下手術を当院でも積極的に導入しています。現在、胆石症に対しては腹腔鏡下胆嚢摘出術が標準術式となっています。適応の制限はありますが、可能なかぎり腹腔鏡下手術を積極的に行い、患者さんの術後疼痛軽減、早期社会復帰に貢献しています。

腹腔鏡下手術の利点
  • 傷が小さいので痛みが軽い
  • 出血量が少ない
  • 術後の回復が早い
  • 入院期間が短い
  • 腸閉塞になりにくい
腹腔鏡下手術の欠点
  • 適応に制限がある場合がある
  • 開腹に比べ手術時間が長くなる場合がある
  • 手術手技に熟練を要する

がん化学療法治療について

 

 近年、抗がん剤の副作用に対する補助療法の進歩や外来化学療法の体制充実などにより、今までは入院してから行われていた化学療法が外来で通院しながら治療を行う事が可能となりました。

 当院でも、外来で安心して抗がん剤治療が受けられるよう、がん化学療法看護認定看護師や薬剤師と連携し治療を行っています。