【重要】2022年10月1日より初診時・再診時の選定療養費の金額が変更になります

リニアック治療

放射線治療とは

 放射線治療とはX線や電子線、ガンマ線といった放射線を用い、主に悪性腫瘍に対して治療を行う方法で、手術・化学療法とともに重要な役割を果たしており、がん治療の三本柱と言われています。放射線を安全で効果的に使うことで、がん細胞内の遺伝子(DNA)に作用し、がんの治療や増殖の抑制、痛みの緩和などが期待されます。手術と異なり臓器を摘出しないため、身体を傷つけることがなく治療からの回復が早いのが特徴です。

リニアック治療について

 「リニアック」とは、日本語で「直線加速器」といわれ、高圧の電磁場で電子を加速させる電子線と、それを金属にあてることで数種類の高エネルギーX線を発生する2タイプの放射線を使用して、主にがんなどの治療をする機器です。

 基本的には、身体のどの部分でも治療が可能な装置で、病気の種類や場所によってエネルギーの強さやタイプの異なる放射線を適切に使い分けできるのがリニアックの特徴です。いずれの場合でも予めCT画像を用いて、がんを破壊・抑制するための精密な治療設計を行います。その後の治療では15分間程度寝台上で停止して照射を受けるだけですので、痛みを感じることはありません。

 そのため、外科手術のように身体にメスを入れることなく、機能を残したまま治療できるので、体力的に衰えがある患者さんにとっても身体への負担が最小限に抑えられる治療方法です。

リニアック治療の有効症例
がんの治療

乳がん、前立腺がん、肺がん、食道がん、子宮頸がん、咽頭がんなどの頭頸部がん、脳腫瘍、悪性リンパ腫など

緩和目的

骨転移の疼痛、脳転移に伴う諸症状の緩和など

※リニアック治療が全ての疾患に有効であるとは限りません。治療の際は、事前の検査及び診察が必要です。

高精度な治療を可能にする機能

マルチリーフコリメーター

 マルチリーフコリメーターは、がんの形に沿った照射野を形成する装置です。それによって、腫瘍以外への放射線が当たりにくくなり、周囲の正常細胞への負担が減ります。

照射精度の向上(オンボード・イメージャー)

対向二門照射
多門照射

 治療装置本体にX線撮影、X線透視装置、コーンビームCT撮影装置を搭載し位置誤差を正確に補正できるので、照射精度が格段に向上します。

 ※対向二門照射に比べて、多門照射では照射領域が90%程度小さくなっています。

呼吸性移動対策

 患者さんの呼吸をモニタリングする装置を設置し、呼吸によって移動する病巣に対して呼吸位置に合わせた照射を行います。

3次元治療計画

治療計画:照射法
治療計画:線量分布

 治療計画用のCT画像をもとに作成したコンピュータ上の治療範囲により、正確かつ早い治療計画が可能になります。

リニアック治療の手順

リニアック治療の手順を簡単に、ご説明します。

STEP
外 来

治療方針を決定するために医師による診察を受けていただきます。

STEP
準備・検査

放射線治療の計画を行うためにCTまたはX線撮影を受けていただきます。通常のCT検査と変わりませんが、場合によっては造影剤を使うこともあります。

また、正確な放射線治療を受けていただくために、治療する部位や身体に合った固定具の作成を行う場合もあります。

STEP
治療計画作成

撮影したCT画像などをもとに、放射線治療の専門医を中心に専用の3次元治療計画装置を用いて、治療の範囲や正しい線量を検証し、患者さんに最適な治療計画を作成します。

STEP
照射・診察

治療計画に基づいて病巣部に放射線を当てていきます。通常で15分程度の照射となります。照射による痛みはありません。なお、放射線治療における効果、副作用などの適切な対応のために、定期的な診察を受けていただく場合があります。

リニアックの治療効果

治療症例をいくつかをご紹介します。

中咽頭がん

肺がん

声門がん

眼窩リンパ腫

子宮頸がん

医師紹介

九州大学 放射線科 非常勤医師

お問い合わせについて

リニアック治療については、かかりつけ医や主治医へご相談ください。
また、当院地域医療連携室でもご相談を承ります。
福岡記念病院 TEL.092-821-4731