脳神経内科

診療内容

 脳神経内科は主に、頭痛、けいれん、ふるえ、めまい、手足の運動まひ、ものが2重に見える、意識障害、失神、物忘れ、歩行異常、ろれつ困難、むせやすい、排尿障害などの症状に対して診療を行ないます。病気としては、脳梗塞、パーキンソン病、てんかん、脳炎、骨髄炎、末梢神経障害、認知症などがあります。

 まず、問診及び神経学的診察を行って病変部位を明らかにし、症状にあわせて、血液検査、CT、MRI、脳波検査、筋電図検査などを行ないます。さらに必要に応じて入院して頂き、嚥下機能検査、髄液検査、そして筋生検などを行い、正確な診断に努めます。神経疾患と思われる症状でも、全身疾患の一つの側面の場合があります。たとえば、視野障害や視力障害などは眼科、排尿障害は泌尿器科、失神などは循環器内科など、他科と協力して診療を行なっています。さらに、当院脳神経外科と協力し、動脈瘤のクリップ手術や、カテーテルによる動脈瘤コイル塞栓療法、脳腫瘍に対するガンマナイフといった治療を受けることができます。

 このように、画像診断だけによらない総合的な診療を行ないます。また、協力を依頼する当院他科のスタッフもそれぞれ専門医の資格を有しております。MRIなどの画像診断で正常であるにもかかわらず、これらの症状が見られている患者様は、神経学的診察をお受けになることをおすすめ致します。