内 科

診療内容

「どの診療科へ行けばいいかわからない」と思ったら内科へ

 「熱が出た」「鼻汁が出る」「せきが出る」「吐き気がする」「息苦しい」「お腹が痛い」「下痢をする」「手足がしびれる」といった多種多様な症状を訴えて来院される患者様の多くに対して、最初に診察に当たるのが、私たち内科です。「こういう症状があるが、どの診察科へ行けばよいのか分からない」という方は、取り敢えず内科をお訪ね頂ければ大丈夫です。患者様がどういう疾患なのかを診断したり、今後の治療に対しての方向づけをしたりするのが当院の内科の役割です。

 また当院では、脳神経外科、整形外科を受診する患者様が多く、その中には、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を合併している患者様が多く、外科と共に診療にあたっていく事も当院の内科の役割です。

 一般的な外来業務では、高血圧や糖尿病、高脂血症、高尿酸血症といった生活習慣病の患者様の診療が多く、大部分の患者様は定期的に通院しておられます。内科の外来業務も急性期疾患の患者様の診療も大切です。

 感冒、肺炎による熱、ぜんそく、肺気腫による呼吸困難などの呼吸器疾患、胃腸炎による嘔吐下痢、胃潰瘍から吐下血、胆のう炎、膵炎の腹痛などの消化器疾患、糖尿病性昏睡や急性薬物中毒、腎盂腎炎などの急性期疾患もよくみられます。以上のような急性期疾患の患者様は内科の入院患者様の大部分を占めています。また高齢化に伴い、最近はこういった急性期疾患のお年寄りが老人保健施設などから救急車で搬送されてくるケースも増えているのも特徴です。